大阪藝術学舎 デザインスツール講義


以前にも紹介させていただきました、京都造形芸術大学が行っているプログラム「藝術学舎」。
「木工作家と作るデザインスツール」という授業を担当させていただき、
先日全5回の授業が無事終了いたしました。

普段京都造形芸術大学で授業をさせてもらっているのですが、学生ではなく
一般の方々に講義をすることが初めてだったため、かなり緊張しました。

いざ始まってみると、希望して来てくださった方はほど女性。
女性の力強さを感じますね。
さらに緊張が増してしまいました。。。

せっかくなので、授業内容を簡単に説明すると、

使う素材もホームセンターなどで気軽に買える木材。
大きな機材や道具がなくても、作れるスツール。
構造、デザイン、メンテナンスなどなど

イスを考える、作るという工程はどう進めていくのか、デザイン性をどこに示していくのか
を考え、実際に制作する授業になっています。

1日目。
自己紹介。
木工の基本知識説明(樹種、道具、工程などなど)
家具のデザイン史(完全に僕の好みに偏ったものになってしまいましたが。。。)
簡単な工具実演(インパクトやのこぎりの使ってみよう的な感じです。)

2日目
実寸図面制作

3日目
制作!
木取り、加工。

4日目
さらに制作!!
加工、組み立て。

5日目最終日
追い込み制作!!!
加工、組み立て、仕上げ。

短い期間でなかなかのハードスケジュールでしたが
先日最終日を迎え、無事みなさんスツールを完成させることが出来ました〇


それぞれ個性がありますよね。
建築的な考えの方や自分の生活スタイルをベースに考えている方
シンプルながらもサイズ感や違う素材を組み合わせてディティールを詰めていく方。

話を聞いているだけでこだわりが伝わって来てすごく楽しかったです。

最後に座って記念撮影。

つたない講義で多々反省することはありますが、
皆さんに楽しんでいただき、今後自分で何か作ってみようという気持ちになるようなきっかけになってもらえたのでよかったです。
作るということをすることで今日常にあるものの見え方が変わったり、そのものの価値なども見えてきます。
作る技術を学ぶだけではなく、ものを見る力をつけるという意味でも
僕は今DIYが広まっていくことは素晴らしいことだと思います。

本当に皆さんお疲れ様でした。
僕も貴重な体験をすることが出来ました。
ありがとうございました〇
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others


©2014 iei studio